クレジットカード現金化で分割払いは可能か?メリットとデメリットを徹底解説

クレジットカード現金化で分割払いを利用する方法とそのメリット・デメリットについて詳しく解説します。手数料や返済計画の立て方、信用情報への影響など、現金化を検討している方に必見の情報を提供します。

クレジットカード現金化で分割払いを利用することは可能です。ただし、その方法や注意点について詳しく理解しておく必要があります。以下に、クレジットカード現金化における分割払いの方法とメリット・デメリットについて説明します。

分割払いの方法

  1. 購入時に分割払いを選択:

    • 現金化のために商品を購入する際に、分割払いを選択することができます​​。この方法を利用すれば、毎月の支払いを小分けにすることができ、返済の負担を軽減できます。
  2. 後から分割払いに変更:

    • 商品購入後、一括払いから分割払いに変更することも可能です。この場合、カード会社のウェブサイトにログインして支払い方法を変更するか、カード会社に電話で依頼することが一般的です​。

分割払いのメリット

  1. 返済負担の軽減:

    • 一括払いでは高額な返済が一度に必要ですが、分割払いにすることで毎月の返済額を抑え、計画的に支払いを進めることができます。
  2. 計画的な返済が可能:

    • 分割払いを利用することで、返済計画を立てやすくなります。特に高額な現金化を行う場合、分割払いを利用することで無理のない返済が可能です。

分割払いのデメリット

  1. 手数料の発生:

    • 分割払いには手数料がかかります。例えば、100,000円を10回の分割払いにした場合、手数料は約6,776円となり、支払い総額は106,776円になります​​。さらに、現金化業者への手数料も加わるため、総支払い額が大きくなる点に注意が必要です。
  2. 二重の手数料負担:

    • 現金化業者への手数料に加えて、分割払いの手数料も発生するため、二重の手数料負担となります。これにより、最終的な支払い額が大きくなります。
  3. 信用情報への影響:

    • 分割払いの残高は信用情報機関に記録され、将来的にローン審査に影響を与える可能性があります。特に住宅ローンを検討している場合、分割払いの利用は慎重に考えるべきです​​。

結論

クレジットカード現金化で分割払いを利用することは可能ですが、手数料の二重負担や信用情報への影響など、デメリットも存在します。返済計画をしっかり立て、月々の支払い負担を考慮して利用することが重要です。

■おすすめのクレジットカード現金化業者はこちら

この記事へのコメント